「健康」は財産。

July 31, 2017

わが家の朝ごはん。

 

 

 

わが家のおうちごはんは

 

玄米ではなく、白いごはん。

 

緑黄色野菜ではなく、

白いお野菜を中心に。

 

例えばこの季節、

ゴーヤ、ピーマン、きゅうり、なす。

 

ゴーヤやピーマンは

見た目は白くないけれど、

中身が白い or 空洞なので

大丈夫。

 

この理論は

奈良県生駒市の

足識食癒施術法 和泉 修先生が

提唱されています。 →足識食癒施術法

 

約1年前まで、

玄米がいいと信じてやまなかった私。

 

緑黄色野菜を摂らなきゃ!と

信じてやまなかった私。

 

修先生に出逢っていなかったら、

私自身の健康はもちろん、

私の大切な家族の健康もどうなっていただろう

すごくそうおもいます。

 

 

 

飽食の時代、飽食の国 日本に

今、生きている私たち。

 

 

いろいろなことが自由に選択できる今の時代、

何を信じ、

何を選ぶのも自由だとおもうのです。

 

 

そんな中、

主人と私は

修先生の理論を選びました。

 

 

二人とも

心から納得したうえで、

二人三脚で

「健康」に楽しく取り組める。

 

 

こんなしあわせなことがあるだろうか、

ごはんをつくりながら

いつも感じます。

 

 

修先生、みきさん、優子先生

本当にどうもありがとう。

 

 

自分自身の健康はもちろん、

大切な家族の健康も

かけがえのない「財産」です。

 

 

 

大切な家族が

ずっと楽しく健康に暮らせますように。

 

 

 

 

love,   eri

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload